渋谷で画期的なビッグイベントが開催されました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年02月26日

今から数年前の話ですが、東京の渋谷で画期的なビッグイベントが開催されました。それがあの有名なGirlsAwardです。ガールズアワードイベントは、これまでのイベントと全く違うものでした。まずイベントの中心となる参加者が都内の15歳から18歳までの若い高校生であるということがあります。もう一つの特徴が際立っています。もう一つの特徴とは、このイベントが複合イベントであるということです。複合イベントという意味合いは、メインのファッションショーに加えて、それを支えてくれるライブショーが楽しめるということです。つまりひとつのファッションショーで複数の楽しみが出来るという欲張りな企画なのです。この合理性が若い世代の心を捉えてしまったようです。今ではその人気の凄さから入場制限をするケースも見られます。

ガールズアワードのチケットが当たるチャンス

毎年ガールズアワードの時期には、全国各地から妙齢の女性達がたくさん集まってきます。こちらの女性達は15歳から18歳までの高校生というよりも、20代から30代の女性達が多いです。いずれも既にガールズアワードのチケットを手にしています。

どうしてそのようなことができたのでしょうか。それにはある秘密が隠されていました。通販会社の販売戦略です。インターネット上の通販会社が販売する商品に対して、それを購入してくれた顧客に対して、ガールズアワードのチケットが当たるチャンスを与えたのです。

この作戦はまんまと当たってしまいました。それ以来通販会社の売れ行きが伸びたということです。

支えているのが15歳から18歳までの若い高校生

インターネット上には数多くの通販会社が存在します。EC コマースビジネスと称されています。EC コマースビジネスの売上金額は年々右肩上で上昇してきています。もう少しで10兆円に届くというところまでに迫っています。

売上が10兆円ということは、ものすごい金額です。例えていえばあの有名な自動車会社一社の年間の売上高に相当するようなものです。ですからこれは日本の経済を変えていくような力があるということができます。それを支えているのが15歳から18歳までの若い高校生達というのが、大きな驚きです。

もしかしたらアベノミクスよりも経済効果があるのでないでしょうか。

イベントで紹介された商品が飛ぶように売れた

ガールズアワードビックイベントの一番の楽しみは、日本の今を代表するようなアーティストや有名人が登場するということです。その中心はウォーキングショーにあります。日本の今を代表するような有名人やシンガーあるいはアーティストが、現実に自分達の目の前を歩きまわりますから、その感動はとても大きいということができます。

その時に複合的な効果もあります。ウォーキングショーでこれらの有名人やシンガーあるいはアーティストが持ち歩いているようなブランドバッグや商品がチェックできるのです。まさに若い人たちがファッションセンスを磨くためには一番大切な場所であるということができます。

イベント終了後にはイベントで紹介された商品やブランドバッグなどが飛ぶように売れたということです。

PAGETOP